スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと時間が経っちゃったので

皆さん、どうもお久しぶりです。
ちょっと久しぶりすぎて申し訳ないのですが…大まかに、でも、続編ってことで!

ロンドンのお話です!


…時は2008年、4月26日土曜日…。
仕事先の同僚と、ひょんなことから(お互いに)初・ロンドン旅行!

まるでおもちゃの様な、ちっちゃくて、(安っぽい)飛行機に乗って、出発!!

…そして着いたのが、夜の21h25。
そこからeasy bus に乗って、中心街へ。

どこかで降りて、そこからはひたすら歩き。
なにせ、お宿は格安のユースホステル。
下車した所から、歩く事数十分…いや、1時間くらい歩いていたかも!

さすがに、初めてのロンドンで、いくら1人ではないといっても女2人。
前を、ちょっとおかしい感じの男の人がフラリ、フラリと右へ左へ千鳥足…
コワッ! たまに振り返ってこっちを見てる(ような気がする)
…「Mimi!反対側の道路歩こう!」「うん!」
小走りで反対側の道に渡り、かなりの警戒モードで、2人超速歩行。
そんなときでも、横断歩道の信号機がかわいらしくて立ち止まりたくなる私。

「この道をまっすぐ行けば、ホテルに着くね!」

…なんて言ってから、どのくらい歩いただろう?
最後の方は2人無言状態。
お腹すいた…

そして、2人の限界が近づいた頃、やっと見えた光り。
受付で、同僚が英語でやり取りをしているのを、私は隣で見守る。
シーツを1人一枚ずつ取ると、上へ案内された。

もう、夜の1時過ぎ。
なにせ、共同部屋。
ドアを開けたら、部屋はもう真っ暗。
そーっとトイレだけ行って、何がなんだかほとんど見えない状態で、歯磨きもせず(汚いっ!)、着替えもせず、
空いていた二段ベッドによじ登り、シーツもとりあえず広げるだけ広げ、その上にごろんと横になった。

1日目。終了。




スポンサーサイト

ついに、ロンドンデビュー!!! その2

リヨンのSt. Exupery(サン・テクスュペリ)空港までは、Navette(リムジンバス)で30分以内
インターネットで時刻表・所要時間や料金はチェックOK!

…が、やっばーい!余裕こいてたらバス行っちゃったよー
猛ダッシュで走る私をすぃーッとバスが横切り…そしてぽつんと一人、同僚が待っていた。

職場から直接来た彼女。どうも上司が親切に早く帰してくれたらしい。
あぁぁ やってもうた。

でも彼女は「セパグラーヴ!(いいよいいよ!)」とサックリ許してくれた。
お詫びに?調べておいたロンドンの気温を発表。

「19度だって!ちなみに雨だよ!」
「さっすがMimi!調べたねぇー!」
その後は女2人、大はしゃぎしながら黄色い花でいっぱいののどかな道路を横切り…ついにリヨン空港に着いたのでした。

格安航空会社の飛行機で行く私たち―。確かロンドンまで往復1万円くらいだった。安!!!

窓口が……遠い!!! 奥の奥の、いっちばーん奥。格安会社は良い場所も取れないんだ…

…ふう… …いつになったら着くんだい?
と、思い始めた頃、見えてきた。

…プレハブかよ!!!?

チェックインした後、にぎって来たおにぎりをぱくり。
ペットボトルの水(家で入れてきた水道水)を飲み…うぅーん、経済的♪

…そうしていよいよ搭乗。
パスポートとチケットを係員に見せ、スルー。

…と思ったら、同僚が何やら足止めを…
色々質問されていたようで、後で怒っていた。

日本人の私は難なくスルーしたのに、南米出身フランス人の嫁である彼女は、その“出身国が(彼女が言うには)日本のように豊かな国ではない”から、怪しまれるんだと。

そういうことってあるんだ…。ちょっと複雑な気分。



気を取り直して、飛行機へ!

…って…ちっちゃ!!
いくら格安だからって…これは果たして飛ぶのだろうか?
何かプラモデルのような…おもちゃ風の安素材で作られた小さな飛行機…

だ…大丈夫かな…

少し不安がよぎる私に、さらに追い討ち…
アナウンスが英語!(当たり前)…クラッ

まぁ、何とかなるか!

…ん?
さすが英国行き

Twinings tea(トワイニング紅茶)!!

サービスで出てくる紅茶もブリティッシュなんだ~!

「お飲み物はいかがでしょうか?」
「あ、アールグレイで!」
「あれ?飲まないの?」
同僚に尋ねると、
「あたし喉かわいてない」
ふぅーん、なーんだ。飲めばいいのにさ。

「2ユーロです。」
「へ?有料?」
「当たり前じゃない、Mimi!さっきアナウンスで流れてたでしょう?」
「は?マジで?! あたし英語わかんないから聞いてなかった!
「オーノー」
「あの、やっぱり紅茶いらないです
「もう淹れてしまったのですが…」

…で・す・よ・ね…あぁぁぁ 言葉がわからないって…キケン。

「説明してあげれば良かったね。わかってると思ってた…

折角、わざわざペットボトルに水道水入れて節約してタポタポになっていたお腹に、こうして難なく2ユーロの紅茶様が、注がれていったのでした…
(※当時1ユーロ約170円)

そう、格安の航空券っていうのは、つまり、荷物が多かったらプラス料金、飲み物を飲んだらプラス料金、保険に入ったらプラス料金… だから、安いってこと!

まさか飲み物までとは…

とりあえず、無事に着くことを祈りつつ…。

ついに、ロンドン デビュー!!!

…へへ。
お久しぶりです。 もうブログなんて誰もみてないだろうなー。…なんて、ちょっとパソコンをあけるのが怖かったわたし。…調理師学校で使ってた包丁セットもそう。…お手入れしてないなー…今頃錆びてたりして…と思いつつ、開ける勇気がなく、未だしまい込んでいる。

そう、嫌なことは避ける!これに限るぜ!

…なーんて言ってる間に、どんどん月日は流れちゃいまして、えぇ。
“おとぼけロンドン・初旅行”。ついに着手です。
話がわからない人は、前のページを参照してください

じゃ、どーぞ!!

続きを読む »

レストランソロデビュー・その2~

・・・ついに、(やっと!)続編です!!

わからない方は、このタイトルの“その1”を探して下さい…えへへ。


そんな訳で、慌しい朝を過ごした私。
ここでめげてはいかん!! 銀行で連絡先を伝えた後、ダッシュでPart-Dieu駅へ。
丁度1時間後のTER(普通電車)に何とか乗れそう!

…ギュルギュルギュル…

…なんだか、ホッとしたらお腹すいちゃった!
電車も間に合いそうだし、ちょっと売店でなんか買っちゃおうかな!
…といっても、この時のもち金、5ユーロ!!!(理由は、前編参照)…うーん。どうしよう…

で、結局買ったのがコレ↓一応、遠慮気味に小さめを選んでみた。2008_0423 petit beure bg

座席に座り…
…ふぅー…疲れた。
ピリッ!カサコソ・・・バリバリ、ポリポリ…

静かな電車に、勢いよく食べている音が鳴り響き…。そして、電車が発車する頃には完食していた。

いざ、Valance(ヴァランス)へ!



…そして、いよいよValanceに、到着。
…なんだか思ったより遠かった…

先ずは市内を散策するか!!

町のお菓子屋さん

おぉ!なんだ、アレは??!
町のお菓子屋さん2
カワイーーっ
どうも、この町の名物らしい。

帰りに寄ろうっと
色々散策する前に、ちょっとどこにレストランがあるか見て来ようかな?

…が、ほんの軽い気持ちでレストラン方向へ歩き始めたのが間違いだった!
コレといって見所のない(?)道を、ただひたすらまっすぐ歩く事数十分…30分以上…45分くらいだったかも?

(ゲゲーっ!!超遠いじゃん!!
戻ろうかな…いや、ここで戻ったら無意味だし!)

変な意地だけで、ひたすら歩き続けた。
すると道路の左手にようやく見えてきた!!!
おぉー!アレがメゾンピックか!!
レストラン外観


チラッ。

うぅーん…時間が微妙だな…

結局、この半端な時間を埋める場所が近くに見当たらなかったので、中心街に戻った私。
だからと言ってそこでゆっくり出来る程の時間は残っておらず、観光案内所でお勧めスポットだけを教えてもらい、再びレストランへ。

あぁぁ、無・意・味…




…あっ。レストランの人だ!
入り口から、ビシッと黒いベストを身に着けたボーイさんが…

やばい、緊張してきた!
本当に女一人で来て良かったのだろうか・・・

…ゴックン。

こここ、こうなったら…行くっきゃないっ!!


続きを読む »

フランス日記・再び。

久々のオフ。

やっと少し自分の時間が持てそう。
また少しずつ書き足していきたいと思いますので宜しくお願いします!

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。